常磐 道 通行止め。 常磐道の通行止め解除「週半ば頃」目指す 地震で土砂崩落の相馬IC~新地IC (2021年2月15日)

常磐道の通行止め解除「週半ば頃」目指す 地震で土砂崩落の相馬IC~新地IC (2021年2月15日)

機種によりご使用になれない場合、または一部機能が制限される場合があります。 情報:JARTIC• 法面崩落現場の応急復旧工事完了状況。

5
最後に、車を所有されている方は、チューリッヒのをぜひご検討ください。 中日本 西日本 料金所総合安全対策について NEXCO東日本は、高速道路の走行安全性の向上を経営方針としており、お客さまにより安全にご通行いただけるよう、を実施しております。

高速道路 通行止めなどの予定

5km)の通行に関し、通行証の所持・確認を要せずに通過することができるよう運用が変更になりました。 (特別通過交通制度)• 被災箇所は常磐道の268. このたび、その一環として、ETCレーンにおける料金所係員等との接触事故を防止するため、安全通路の設置工事(安全対策工事)を行います。 最新の道路交通状況をご確認ください。

16
今回、応急復旧工事が完了し、通行止めが解除されました。

リアルタイム交通情報

なお、軽車両(自転車等)及び歩行者はこれらの路線においても引き続き通行不可となります。 また、福島第一原子力発電所の事故で被害を受けた「帰宅困難区域」内を通っているため、特殊な規制があるエリアもあります。

5
常磐道は相馬IC~新地IC間で一般車通行止めとなっている(画像:NEXCO東日本)。 帰還困難区域の特別通過交通の対象となっているルートについては、一部を除き二輪の通過を認めておりませんでしたが、国道6号、県道35号及び県道256号等一部の路線について、自動二輪及び原動機付自転車が特別通過交通制度の対象となり、通行証の所持・確認を要せずに当該区間を通過できます。

高速道路 通行止めなどの予定

常磐道は、東北エリアにまたがるため、冬場は積雪の影響を受けやすい高速道路です。

11
9分)、震源の深さは55km、地震の規模はマグニチュード:7. これに伴い、ETCレーンを長期的に閉鎖する場合がございますので、恐れ入りますが、お出かけの際には事前に上表の「ETCレーン規制」情報をご確認ください。

常磐道が4日ぶり全線復旧 地震で法面崩落の相馬IC~新地IC間で通行止め解除 (2021年2月17日)

2021年2月17日17時現在(画像:NEXCO東日本)。 相馬IC〜新地IC間で土砂崩落 NEXCO東日本東北支社は2021年2月14日(月)11時、常磐道の通行止め解除見通しなどについて発表しました。

10
すでに緊急車両は通れるようになっています。 また、上記以外で特別通過交通制度の対象となっているルートでは、引き続き四輪のみの通行可能区間となりますのでご注意ください。

常磐道の事故・渋滞情報

おでかけ前に最新の交通状況を確認してください。 平成27年3月1日(日)に常磐自動車道常磐富岡IC~浪江ICが開通することに伴い、その一部区間は帰還困難区域を通過することから、帰還困難区域の特別通過交通制度の対象ルートに「常磐自動車道(帰還困難区域を通過する区間)」を追加するとともに開通区間を含む常磐自動車道全線の通行に関し、通行証の所持・確認を要せずに通過できることになりました。 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

常磐道の全線が4日ぶりに復旧しました。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。