フランクフルト 対 ヘルタ。 鎌田大地&長谷部誠が先発のフランクフルトが3

アイントラハト・フランクフルト vs ヘルタ・ベルリン 今シーズンの対戦成績

バイエルンがいかに一流のチームなのかを実感させられた」 「勝てはしたが、少々の運も味方したね。 ブンデス [2月21日 9:33]• 2007年5月19日• プレミア [2月21日 8:49]• ブンデス [2月21日 9:33]• 迎えた後半、60分にボックス左に侵入したコスティッチが際どいシュートを浴びせると、63分には鎌田がGK強襲のシュートを浴びせる。

プレミア [2月26日 8:50]• フリック監督は試合後、エンジンがかかり切らなかった前半の内容を敗因に挙げた。 ブレーメンのFW大迫勇也がベンチで戦況を見守るゲームで、MF長谷部誠や鎌田大地を先発起用したものの、リーグ戦12試合ぶりの敗北を喫したヒュッター監督は試合後、悔しさを滲ませた。

フランクフルト対ヘルタ

ブンデスリーガ第31節が13日に行われ、がアウェイでと対戦した。 新シーズンのリーグ戦初勝利を飾っている。 ブンデスリーガ第19節が30日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、ホームでヘルタ・ベルリンと対戦した。

16
フランクフルトは28分に決定機。 首位を破り、リーグ5連勝を達成したフランクフルト。

フランクフルト、鎌田大地が3人抜きドリブルで逆転弾演出! 10人のヘルタに快勝

失点を受けて前がかってきたヘルタに32分、ルケバキオのシュートでゴールを脅かされたフランクフルトだったが、GKトラップがファインセーブで阻止。 後半のような戦いが最初からできていれば、勝者はバイエルン・ミュンヘンだっただろうね」 「とはいえ、そうならず、受け入れるしかない。 昨年12月中旬からリーグ11戦無敗を続けるアディ・ヒュッター監督は試合を振り返り、満足感を示した。

4
セリエA [3月1日 9:27]• それでも、後半に入って攻勢を見せるブレーメンは47分、バイタルエリア手前のラシツァがボックス右のスペースへ斜めのパスを入れると、走り込んだゲブレ・セラシェがボックス右からシュートを流し込み、開始早々に同点に追いつく。 一方、6連勝を逃したフランクフルトは今季3敗目となった。

2021/01/30 ãƒ

すると66分、ヘルタ・ベルリンはエリア内の密集で右足を振り抜いたクリシュトフ・ピョンテクのシュートが突き刺さって先制に成功する。 ヨビッチやA・トゥーレ、エンディカに代えてアンドレ・シウバ、ソウ、ドゥルムが先発に名を連ねた。 数的優位のは51分、アンドレ・シルヴァの折り返しからドストがめいっぱい伸ばした右足で押し込んでスコアを振り出しに戻した。

ラッバディア前監督を解任し、ダルダイ監督が就任した14位ヘルタ・ベルリン 勝ち点17 に対し、フランクフルトは10分にピンチ。 鎌田は2試合連続のスタメン入りとなり、82分までプレーした。

2021/01/30 ãƒ

ボックス右に侵入したアンドレ・シウバがボヤタに倒された。 今節も格上ドルトムントとの試合となるだけに劣勢が予想されるが、日本人2人は存在感を示せるか。 試合終盤にかけてもフランクフルトは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。

18
ブンデス [2月22日 9:48]• セリエA [2月21日 9:32]• 相手GKにコースを読まれながらも強烈な一撃を突き刺し、ダメ押しの3点目を奪った。 勢いづいたは68分、ダニー・ダ・コスタがエリア内の密集からボールを出すとエヴァン・ヌディカの左足一閃のシュートは見事に隅に突き刺さって点差を広げた。

フランクフルト対ヘルタ

左サイドからフィリップ・コスティッチがクロスを送ると、こぼれ球を回収した鎌田は相手DFをかわしてフィニッシュに持ち込んだが、シュートは相手GKに阻まれた。

ブンデス [2月26日 16:32]• 2016年9月24日• セリエA [2月23日 7:59]• 前節はフランクフルトとバイエルンの上位対決が行われ、MF鎌田の1ゴール1アシストの活躍で好調フランクフルトがバイエルンを撃破した。

鎌田&長谷部先発のフランクフルト、監督交代のヘルタに逆転勝利《ブンデスリーガ》【超ワールドサッカー】

69分、ラシツァの浮き球パスで抜け出したサージェントがボックス右から折り返すと、これを中央のシュミットが流し込んだが、VARの末にサージェントがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。 フランクフルトは85分、セットプレーの2次攻撃を展開すると、右サイドからアルマミ・トゥーレが送ったクロスにマルティン・ヒンテレッガーが頭で合わせて逆転する。 ブンデス [2月27日 9:36]• 5試合ぶりの勝利を目指して、リーグ戦7戦無敗と好調を維持する6位フランクフルトの本拠地に乗り込んだ。

すると37分、鎌田のアシストから加点する。 43分にはアミン・ユネスの浮き球スルーパスに抜け出したアンドレ・シウヴァが強烈なシュートを放ったが、相手GKの右手に弾かれた。

フランクフルト、2点差から追いつきヘルタとドロー…鎌田大地のãƒ

この結果、首位バイエルンと2位ライプツィヒの勝ち点差は2に縮まっている。 しかし、チャンスを決め切れずにいると、66分に失点してしまう。

最後に前節フライブルク戦で後半31分から出場したMF遠藤渓太の7位ウニオン・ベルリン 勝ち点33 は、11位ホッフェンハイム 勝ち点26 とのホーム戦に臨む。 鎌田を2シャドーの一角、長谷部を3バックの真ん中に配置した[3-4-2-1]で臨んだ好調フランクフルトは、早い時間に先制する。