ヒン ター カイフ ェック 事件。 日本と世界で起きた奇妙な事件20選!謎が残る未解決事件の真相に迫る

ヒンターカイフェック事件の真相【ドイツ/未解決事件】

この際、殺害に使用されたと見られるつるはしが屋根裏部屋の床板の下から見つかった。 故に2歳のヨーゼフの父親はアンドレアス・グルーバーではないかと疑われた。

4
これからも世界の不思議な事件は生まれるでしょう。

日本と世界で起きた奇妙な事件20選!謎が残る未解決事件の真相に迫る

[] 当時、ヒンターカイフェックには主のアンドレアス・グルーバー(63歳)、妻のツェツィーリア(72歳)、娘()の・ガブリエル(35歳)とその長女ツェツィーリア(7歳)とヨーゼフ(2歳)、そして人の・バウムガルトナー(44歳)の6人が住んでいた。

2
1986年には改めて事情聴取が行われましたが、成果は上がらず捜査は終了しています。 また、身代金11万8000ドルという数字は、事件当時に父親・ジョンが受け取っていたボーナスと全くの同額だったこともあり、警察は当初、両親の犯行を疑っており、マスコミも両親が犯認であるかのように大きく報道していました。

ヒンターカイフェック事件の概要まとめ!犯人は誰?事件の真相は?

近くに住んでいた当時11歳の少年が死体となって発見されました。 また、当時捜査に霊媒術を採用していたミュンヘン警察は、霊能者に調査をさせるため現地で遺体の頭部を切断してニュルンベルクに送った。 また、農場の鍵がいくつか事件に先立って紛失していたが、警察への届け出はなかった。

15
グルーバー夫妻とヴィクトリア、その長女ツェツィーリアは納屋で殺害?写真は? 住民は鍵のかかっている母屋は後回しにし、一ヶ所だけ施錠されていないところがあった納屋から探索を始めます。 全米中で話題になったこの事件には、いくつかの仮説が存在します。

ヒンターカイフェック事件とは

行方不明になった子どもの遺体が見つからない場合、ときにそれは神隠しであるといわれます。 徐々にグルーバー一家の異変に気付き始めた村人たちが、アンドレアスの屋敷に踏み込みました。

リジー・ボーデン裁判 警察の捜査でボーデン家の地下室から斧が発見され、それが凶器ではないかとされました。 近隣の住人たちは農場に到着した時、農場内の全ての戸が施錠されているのに気づいた。

【世界最恐】海外で起こった謎の未解決事件10選

人は完ぺきではありません。 この事件は世間の注目を浴び、犯人を名乗る人物が500人も出頭する事態にまで発展したが真犯人を見つけることはできませんでした。 もっとも不思議なのは2か月後に見つかった4人は、ほかの5人の衣服を身に着けていたこと。

5
殺害方法 キングズベリー・ランの屠殺者は全ての被害者の首を切断しており、中には四肢を切り離していたり、胴体を半分にしている場合もありました。

【世界最恐】海外で起こった謎の未解決事件10選

何者かによって農場のやに餌が与えられていたほか、台所でやを食べた跡が見つかり、更に近隣の住民の中には週末の間、農場の煙突から煙が出ているのを目撃した者もいた。 しかし、上記の3通に関しては本物との見方が強いそうです。

5
しかし、ネズミを駆除したにもかかわらず村からもらえるはずの報酬をもらえなくなったことから犯行に及んだといわれています。

ヒンターカイフェック事件の真相【ドイツ/未解決事件】

ラトクリフ街道殺人事件の内容 1811年12月7日の夜、ラトクリフ街道沿いに店を持つ店主夫婦、生後3か月の息子、店員の4人が何者かの手によって惨殺されました。 このため、事件の犠牲者となったマリアが新たに使用人として農場にやって来たが、彼女が農場に着いたのは事件当日で、まさに殺害される数時間前のことであった。

12
実際に人が亡くなっているので不謹慎ではありますが、このような話は映画化されているものも多々あることから人々の興味や好奇心をくすぐる話であることは間違いありません。 ヒンターカイフェックとは事件現場となった小さな農場の名前であり、ドイツのバイエルン州ミュンヘンの約70km北に位置します。