足 手 まとい 意味。 【やれ打つな蝿が手をすり足をする】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

足手まといの意味!深く理解するために言葉の成り立ちを徹底解説!

例文1:孫の手を借りて、パソコンからメールを送る練習をしていたのだが、これからは自分一人で孫にメールを送ることができるようになった。 江戸時代を代表する俳人の一人で、親しみやすい内容の句が特徴です。 例文1:最初に君に聞いていた話となんだか違ってきたから、僕はここら辺で手を引かせてもらうことにしよう。

16
そうした教養の深さを重視する俳句もあれば、大勢の人に親しまれる句もあります。 【手垢に塗れる】 ひらがな:てあかにまみれる 意味:汚いこと。

足手まといって英語でなんて言うの?

「 私なんかが、出張に同行しても足手まといになるだけですから…」 彼女はそういうけれども、いつも細やかなことに気が付いてくれるから助かっているんだ。

11
例文1:うまいことをいって、僕をだまそうたって、その手に乗る僕ではない、ずいぶん軽く見られたものだ。

「足手まとい」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

【足手まとい】 ひらがな:あしでまとい 意味:ものごとをするのにじゃまなもの。 【手を拱く】 ひらがな:てをこまぬく 意味:事件が起こっているのに、何もしないで見ていること。 」もしくは「足や手に絡まる。

11
例文1:警察に追い込まれて、犯人はとうとう手を上げた。

【やれ打つな蝿が手をすり足をする】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

一緒にサッカーや野球をして、ケガをさせちゃったら大変だもん。 例文1:両者の利害が一致したことにより、一時休戦して手を握るに至った。

8
「邪魔」になりたくない。

手の慣用句

例文1:彼からの言葉がうれしくて、宿題が手に付かない。 【先手を打つ】 ひらがな:せんてをうつ 意味:先にしかけて、自分を有利な立場にもっていくこと。 例文2:今年の冬は寒くなりそうなので、先手を打って、インフルエンザワクチンを増産しておこう。

12
【手も足も出ない】 ひらがな:てもあしもでない 意味:力が及ばずどうしようもないこと。

【やれ打つな蝿が手をすり足をする】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

例文2:手に手を取って散歩する老夫婦とすれ違ったのだけれど、その姿は微笑ましいもので、ああいう風になりたいと思った。 例文2:この子は、大人の顔色を見て動くところがあって、昔から手が掛からないいい子だったんですよ。 例文1:彼は、生きていくために色々な職業に手を出してみましたが、どれもうまくいきませんでした。

1
【手を束ねる】 ひらがな:てをたばねる 意味:事件が起きていても、何もしないで見ていること。 言葉と状況を考えると、蝿を叩こうとしている身内あるいは目下の人と考えられます。

足手まといの意味!深く理解するために言葉の成り立ちを徹底解説!

句の状況では、叩こうとしている目下か身内の誰かだと推測できます。

15
【手が入る】 ひらがな:てがはいる 意味:作品に修正が入ること。

足手まといの意味!深く理解するために言葉の成り立ちを徹底解説!

例文2:いろんな事業に手を染めてみたが、時代の流れに乗ることができず、失敗してばかりだった。 「邪魔な人」という意味で「足手まとい」を使っている例文です。 私、 主人の足手まといにはなりたくないんです。

16
この句は江戸時代に詠まれていますが、今呼びかけられているような新鮮味がありますね。 例文1:町のために力を尽くした彼は、町民の信頼を手中に収めた。

「足手まとい」とは?意味や言い換え!例文と解釈

だから、家事や育児は主人に頼らずにやっていこうと思っています。 例文2:新しい家は、勝手が違うから、慣れた古い家の時のように動くと壁にぶつかりそうになる。

13
生々しい句だからこそ、嫌われているものにも命があることを考えさせられます。 例文2:こんな見るからに怪しい店を経営していたら、いずれ警察官の目に留まり、捜査の手が入ることになると思うよ。