吉野 工業 所。 【ブロー成形容器】特許総合力トップ3は東洋製缶、吉野工業所、大日本印刷

(株)吉野工業所の新卒採用・会社概要

その他、手当については家賃手当とはなく、福利厚生面で少し弱い感じがします。

17
625rem;display:-ms-flexbox;display:flex;-ms-flex-align:center;align-items:center;word-break:break-all;padding:10px;-webkit-transition:. 2002年• 吉野工業所より東洋製缶の件数が多い課題としては、「耐熱」、「バリア」、「成形性」、「軽量」などが挙げられます。 1998年• 当社ではそんな熱意や挑戦する志を持った学生を募集しています。

吉野工業所の吉野祥一郎社長の魅力・評価(全2件)「【社長】吉野祥一郎独善的で人の意見を全く聞かない社長です。社員会での意見を聞かずにトップダウンで社内の人事や福利厚生まで口出しをします。現場を全く知らないのに現場に...」【転職会議】

ガラス壜からPET容器化としてガラス壜のイメージを変えず現行の充填設備を有効利用した準耐熱底部減圧吸収容器(PFX) 一滴単位で内容液を吐出できるキャップと鮮度保持の為、外気が入り込まない二重 デラミ 容器の生産開始• 1945年 ベークライト・による化粧品・薬品・食品の容器・キャップの加工販売を開始• 36協定等で残業制限もあり、お金が欲しい人にとっては少し物足りないかもしれないです。 赤穂工場:西浜北633-1• 逆に吉野工業所の件数が目立つ課題としては「減圧吸収」、「減容」が挙げられます。

また、年々昇給はしにくくなっています 口コミ投稿日:2020年06月 8日. 1989年• 食品用軽量薄肉容器(インジェクション成形、サーモフォーミング成形)• その結果、「総合力ランキング(注1)」では、1位 東洋製缶、2位 吉野工業所、3位 大日本印刷となりました(表1、図1)。 金属化粧品容器 製造方法 [ ]• 2011年• 50点以上のものだけを集計している理由は、パテントスコアが低くても特許件数が多いことによって総合力が上がってしまうことを防ぐためです。

株式会社吉野工業所の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0071)

2009年• 現場でも、どの職種でも決して低いわけではないよう感じます。 1978年 及び薄肉の射出成形による食品容器の生産を開始• 2014年07月10日 弊社はこのほど、日本に出願されたブロー成型容器関連技術について、特許分析ツール「」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

1
評価制度:年功序列です。 日本で初めてのPET樹脂による醤油用ボトルの生産を開始• 1970年 表面装飾技術としての技術を開発、生産を開始• 1961年 米国最大のブローメーカー、社(現社)と技術援助契約並びに実施権契約を締結し専用実施権者となる• 金属部品を使用しないオール樹脂トリガーを開発• 賞与は基本給の2倍程度にあります。

株式会社吉野工業所の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0071)

ノズルの先端にシール機構を設け、内容物が固化しないノズルシャットオフポンプの生産開始• 小容量PET 500ml以下 の製造、販売開始 残量が少なく正倒立でも吐出出来る毛染め用くし付きデラミ容器を開発• 本社・東京工場:3丁目2番6号• (注2):「東洋製缶」は東洋製罐株式会社、東洋製罐グループホールディングス株式会社による出願を統合しています。

5
表面装飾技術としての真空蒸着技術を開発、生産を開始• 1942年 コルク製造に併せての加工・販売を開始• ビール用及び熱充填用PETボトルの生産を開始 シャンプー・ハンドソープ用のポンプとして、P-300シリーズのポンプを開発、生産を開始• 、塗装 沿革 [ ]• 1981年 ビール用及び熱充填用PETボトルの生産を開始 シャンプー・ハンドソープ用のポンプとして、P-300シリーズのポンプを開発、生産を開始• それが吉野工業所です。 積層炭酸ハイブリット容器軽量化とCOバリアー性UPを実現 押出しブロー成形による植物由来原料のポリ乳酸とポリエチレン積層容器を開発 食用油向けに植物由来原料のポリ乳酸(PLA)シリカ蒸着ボトルを開発• 45;-webkit-transition:opacity. 1981年• 内容物の鮮度、風味を従来のPET容器よりも長く保持出来るガスバリア性の高いシリカ蒸着PET容器を開発• 真岡工場:栃木県松山町21番3号• 松戸工場:310• 会社的にも残業はしない方向で進んでおり、少し厳しい部分はあると思います。

吉野工業所

本調査ではブロー成型容器関連技術の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。 2000年• 1996年• 」1942年、この壮大な夢から当社の事業は本格的にスタートしました。

13
成形技術及び成形機械等の研究開発のため神奈川技術研究所を新設• 本調査分野では東洋製缶と吉野工業所の2社が総合力で他社を圧倒しています。 滋賀工場:西老蘇310• インジェクション成形• 1989年 の生産を開始、ビール用ボトルとして日本で初めて採用される プラスチック製缶詰容器を開発• 1975年 ノンガスタイプのYスプレーを開発、販売を開始• また、東洋製缶は1件の公報が複数の公報に引用されるケースが多いということも同社の特徴として挙げられます。

(株)吉野工業所の新卒採用・会社概要

那須小川工場:栃木県吉田28• 飲料業界初の押出しブローによる耐熱積層遮光ボトルを開発• 5;color: 565e65;font-weight:700;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;line-height:1. 吉野工業所は、容器製造のみならず、モノづくりの基盤となる生産機械や金型の設計、開発、製造も自社で行う一貫体制があります。

8時間 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 大分工場:大字西大堀540• 図2:審査官引用 2社比較 さらに2社の違いをBizCruncherに搭載されている「課題解決マトリクス」によりそれぞれに共通する主要な課題を抽出し、比較しました(図3)。 2016年• 05 ;box-shadow:0 2px 6px 0 rgba 0,0,0,. 1935年• 世界で初めて内容物の残量が視認できる帯状のウインドウを付加した2軸延伸PETボトルを開発• 図3:技術課題別 出願状況比較 本分析の詳細については、 特許・技術調査レポートの「ブロー成型容器関連技術」に掲載しています。