福島 県 停電。 東電の呆れた自己満足。福島沖M7.3後の86万軒「計画的停電」の傲慢

地震 広範囲の停電“火力発電所相次ぎ停止したため” 電力各社

茨城県では? 全域で、 約72140軒の停電が確認されています。 那珂川町 停電軒数:約730軒• 埼玉県東松山市で80代女性が転倒し、右太ももを骨折したほか、千葉県君津市でも80代女性が転倒して足の骨を折る重傷を負った。 首都圏で観測されたのは震度5弱から震度2。

その一方で、発電所の設備に大きな損傷がなかったことなどから地震発生の翌日には停電はすべて解消しました。

東北、関東で155人負傷 常磐道土砂崩れ、死者確認されず―停電解消・福島沖地震:時事ドットコム

川崎市中原区 停電軒数:約4240軒• 東京電力管内 東京電力管内でも停電が発生しています。

18
宮城県でもけが人が57人に上り、東松島市で女性(84)がベッドから転落して太ももの骨を折る重傷を負った。

緊急情報

「福島県内の立入制限区域において停電しているお客さま」につきましては、今後とも地域の状況や規制の動向に留意し、対応について検討してまいります。 設備に損傷がないかを点検した。 下野市 停電軒数:約480軒• 県の災害派遣要請に基づき、自衛隊が同町で支援活動を行い、解消に向かっている。

1
3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、当社管内の広い地域において延べ4,861,246戸の停電が発生しましたが、 6月18日11時3分に、宮城県牡鹿郡女川町で継続していた停電に関して当社配電設備の改修作業が完了し、現時点において当社として復旧作業に着手可能な地域の停電はすべて復旧しました。 電力システムに詳しい秋元圭吾・地球環境産業技術研究機構主席研究員は『地震が多い日本では、一時的な停電はやむを得ない。

福島・伊達市で停電と断水か 水道管破裂の情報も:朝日新聞デジタル

地震の揺れを受け、首都圏への一大供給源となる福島県の広野火力発電所(5、6号機計120万キロ・ワット)など福島、宮城、茨城3県にある火力発電が相次いで運転を停止した。

3
医療機関や交通などにも停電が広がり、深刻な被害をもたらす。 10年前の東日本大震災では原子力発電所の停止により、事前に決めた地域で停電して使用量を抑える計画停電を実施した。

地震 広範囲の停電“火力発電所相次ぎ停止したため” 電力各社

山形、茨城、群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川各県でも負傷者が計17人確認された。

11
同所は自動車や建設機械向けの棒鋼、線材などを手がける。

福島・伊達市で停電と断水か 水道管破裂の情報も:朝日新聞デジタル

15日から通常稼働する。 2月13日午後11時8分に福島県沖を震源地としてマグニチュード7. 積水ハウスは宮城県色麻町に、東北6県と北海道に住宅部材を供給する工場を持ち、現時点で被害はなく、15日から通常稼働する。

5
現在、順次稼働を再開しており、短期間で全て立ち上がる見込み。

東電の呆れた自己満足。福島沖M7.3後の86万軒「計画的停電」の傲慢

今回は短時間に停電が解消できており、これまでの経験が生かされた』と評価する」(出典:) この読売の記事がなければ、関係者以外は停電が行われた目的はおろか、停電があったことすら知らなかったかも知れません。

1
身延町 停電軒数:約20軒• 大田原市 停電軒数:約5850軒• 茂木町 停電軒数:約290軒• 地震による設備や従業員への直接の被害はない。 電力システムに詳しい秋元圭吾・地球環境産業技術研究機構主席研究員は『地震が多い日本では、一時的な停電はやむを得ない。